三井家秘蔵のひな人形を公開! ~三井家のおひなさま 特別展示 かわいい御所人形~

日本橋に春の訪れを告げる「三井家のおひなさま」展。今年も三井家の夫人や娘が大切にしてきたひな人形やひな道具を、三井記念美術館で一堂に公開します。

北三井家十代・高棟夫人の苞子(1869-1946)、十一代・高公夫人の鋹子(1901-1976)、高公の一人娘・浅野久子氏(1933年生まれ)、伊皿子三井家九代・高長夫人の興子(1900-1980)旧蔵の贅をつくした逸品が並びます。

とくに京都の丸平大木人形店・五世大木平藏が特別に製作した、浅野久子氏の幅3メートル、高さ5段の豪華なひな段飾りは必見です。

展示室6・7では、真っ白な肌とふくよかな体つきが愛らしい御所人形を紹介します。京都の公家に愛され、のちに大名や民間にも普及した御所人形のかわいらしさをぜひご堪能ください。

詳しくはこちら⇒
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index2.html

※休館日は、月曜日、2月23日(日)です。

開催日:2020/02/08〜2020/04/05
時間:10:00−17:00(入館は16:30まで)
場所:三井記念美術館

三井記念美術館

住所:〒103-0022
東京都中央区日本橋室町2-1-1三井本館7階