news

京都のアートシーンを担う新進作家の最新作が集結
「Up_01」展 銀座 蔦屋書店にて開催

 
 アーティストであり、京都芸術大学大学院で教育にも携わりながら作家活動を続ける鬼頭健吾氏、大庭大介氏、名和晃平氏の3人(通称:鬼大名)が、ゼミの院生や卒業生など新進の作家を紹介する企画展を2021年1月14日(木)〜21日(木)の期間、銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUMにて開催します。鬼大名による企画展が東京で開催されるのは、今回が初めて。第一回目となる「Up_01」には、鬼頭氏、名和氏のほか、今西真也、岡⽥佑⾥奈、三枝由季、品川美⾹、新宅加奈⼦、⼭⽥康平、⼤和美緒、和⽥直祐の総勢10名の作品が展示されます。京都のアートシーンの一端を担う若手作家の最新作を都内で触れられる貴重な機会です。
 
<開催情報>
・名 称:Up_01
・場 所:銀座 蔦屋書店GINZA ATRIUM 東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F
・期 間:2021年1月14日(木)〜21日(木)
・入場料:無料
・URL:https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/17857-1011351225.html

開催日:2021/01/14〜2021/01/21