news

43名の作り手による京都伝統産業品が
「東京インターナショナル・ギフト・ショー」に出展

 
京都の町に息づく美と技の世界を感じられる産業と文化と人の出会いの場「京都伝統産業ミュージアム」。京都の伝統産業の事業者や職人が開発した新商品・素材を発表する場として、2月3日(水)〜5日(金)開催の「第91回東京インターナショナル・ギフト・ショー」に「新時代の工芸」ブースを出展します。
今回の展示では、コロナ禍で販売機会を失っている伝統産業関係者のものづくりを支援するため、京都市が創設した「京都市伝統産業つくり手支援事業補助金」を活用し開発された商品や素材を出展。提灯、京扇子、京和傘、京焼・清水焼、西陣織など多彩な技術によって生み出されたアイテムがならびます。
出展ブースは“竹林の小径”をイメージ。新しい時代の感性と伝統技術が織りなす43名の作り手の商品・素材を上品な空間でじっくり見てみてはいかがでしょうか。
 

 
<出展情報>
・名 称:第91回東京インターナショナル・ギフト・ショー
・期 間:2021年2月3日(水)〜5日(金)
・会 場:東京ビッグサイト 南展示場4階「第9回LIFE×DESIGN」南3-T17-03
・URL:https://www.giftshow.co.jp/tigs/life9/index.htm

新時代の工芸WEBサイト:https://shinjidai-kougei.com/

開催日:2021/02/03〜2021/02/05