梶井基次郎と“神隠し”の京都展

1924年に執筆され、2011年に現存が確認された幻の「檸檬」の下書き稿を、東京では丸善丸の内本店、京都では丸善京都本店で展示いたします。

爆発しそうな青春の憂いを秘め、京都の町をさまよっていたある高校生。レモンを一つ、丸善の書棚に残して去った彼は、何を考えていたのか? 数少ない梶井基次郎の、本物の筆跡を見ることのできるこの機会をお見逃しなく。

京都展では座談会も行います。ぜひ足を運んでみてください。

「源氏物語」の研究や、数多くの皇室関連所蔵品など、京都とのゆかりが深い実践女子大学・実践女子大学短期大学部と京都市は、今年5月に事業連携・協力に関する協定を締結しました。本展はその協定に基づく最初の取り組みです。

 【東京展】

 日時:2019年11月13日(水)~11月19日(火)

 料金:無料

 会場:丸善丸の内本店 1F入口横展示スペース

 〒100‐8203 東京都千代田区丸の内1-6-4 丸の内オアゾ内

 営業時間:9:00‐21:00

開催日:
時間:
場所:丸善丸の内オアゾ内
定員:

丸善丸の内オアゾ内

住所:〒100-8203
東京都千代田区丸の内1-6-4