京都喫茶のモーニング

京都出町柳「COFFEE HAUSE maki」|親子で受け継ぐ秘密のモーニング

親子で受け継ぐ「秘密のモーニング」

出町柳駅から徒歩 5 分、出町柳の商店街の近くにある「COFFEE HAUSE maki」。 東と西に入り口が2つあり、三角屋根の東側の入り口には車も停めることができます。

若い方からお年寄りまで、幅広い世代の常連さんで 今日も満席になる店内は1〜2人席が多く、いつもの席に座り 私だけの朝を楽しみます。川沿いの 1番端の席は朝日が差し込み、 爽やかな気分になれるので私のお気に入りです。
創業者は店主のマキノさんのお父様で、親子で受け継ぐ人気の喫茶店です。

お花畑のようなモーニング

マキの 1 番人気は「モーニングセット」で 680 円。 届いた時のあまりの可愛さにキュンキュンしながら写真をパシャリ
モリモリの新鮮な野菜とお花みたいな玉子が、パンの耳に綺麗に盛られた
まるでお花畑みたいな不思議なスタイルのモーニングです。
どうしてこの形なのかを伺うと、「わからない」とのこと、、
実はお父様と一度も一緒に働いたことがないそうで
昔からずっと変わらずこの形で続いている秘密のモーニングでした。

お花畑を崩すのがもったいなくて
まず私は左側のトーストからいただきました。
三角に切ってある2つの分厚いトーストは
噛んだ瞬間ジュワッとバターが染み出してきて口の中いっぱいに広がります。
新鮮でシャキシャキのレタスとあっさりめのポテトサラダ
キャベツにかかっているのはこだわりの自家製ドレッシングだそうです。
きゅうりのストライプ柄もこだわりで、皮の滑りを取ったりと、
具材一つ一つに愛情がこもっています。
囲いにしてある焼かれていないパンの耳は L 字にちぎって野菜を挟んだり 最後にドレッシングをつけて食べたり
好きな楽しみ方で食べることができます。

珈琲専門店ということもあり
飲み物はブレンドコーヒーがついてきます。
建物の 2 階に焙煎機があり、50 年間ずっと自家焙煎でやってきているそうです。
少し甘みのある印象のコーヒーはブラックで飲むのもやはり美味しいのですが、
アイスコーヒーは注文時に甘さが選べるようになっています。
これはシロップが入ってしまうと味が薄まってしまうため、こだわりの味が
変わらないように事前に選んでもらってお砂糖入りで用意しているそうです。
食べ終わる頃には満腹になる、満足感いっぱいのモーニングセットでした。

店主のマキノさんはお優しい女性の方で
お店の中にあるコーヒーミルの棚がお気に入りだそうです。

COFFEE HAUSE maki

店名:COFFEE HAUSE maki
住所 :〒602-0822 京都府京都市上京区出町通今出川上る青龍町 221
営業時間:8:30〜17:00
定休日:不定休
アクセス:出町柳駅から徒歩 5 分
電話番号:075-222-2460
モーニングセット:¥680


店主さんおすすめの場所

hinami

マキノさんは食パンがお好きだそうで 神宮丸田町にできた「hinami」というパン屋さんがおすすめだそうです。


京都喫茶のモーニング
Share